ダイレクトメールのことはここで解決!

ダイレクトメール、送る曜日について

ダイレクトメールは何曜日に送ると効果が高くなるのでしょうか。何曜日に送っても良いと思っている方がいますがそうではありません。なるべく金曜日に送ると良いでしょう。金曜に送ると土曜日、日曜日に店を利用してもらう可能性が増えます。なぜその他の曜日ではあまり効果が無いかと言いますと、新しいダイレクトメールが来てしまう可能性があるからです。月曜日に発送をして見てもらう事ができて、利用しようと考えてくれる方もいますが、翌日に別の企業の物をみてしまうと新しい方の記憶しか残らなくなってしまい、自分の店などを利用してもらう事ができなくなってしまいます。このような事があるので、金曜日到着するようにすると良いです。土日休みでない方には利用してもらう事ができませんが、家族で利用してもらう事ができれば単価も上がりますし、店の売り上げも上がるでしょう。

ダイレクトメール、安売りやお買い得期間について

ダイレクトメールには安く販売する期間やお買い得にする期間を掲載すると場合が多いです。この期間はどれくらいにすると良いのでしょうか。最低でも2週間は安売りなどを行うようにしましょう。1週間を予定している場合もありますが、その期間では利用したいと考えている方全員が利用する事ができない事が多いです。一般的には土日休みの方が多いですが、土日に用事がある方は次の週に利用しようと考えます。しかし1週間で期限が終わってしまうと次の週に利用する事ができなくなってしまいます。安売りやお買い得をしてないと利用はしたくないと言う方が女性には多いです。女性の方に良い印象を持たれなければ経営を続けていくのは難しくなってしまいます。利益などを考えるとあまり長く行う事は難しいですが、長い目で見たときの事を考えて我慢するようにしましょう。

ダイレクトメールのメリット

情報のデータ化が進み、紙でしていたやり取りはもうほとんど行われていない今日、もう一度、紙でやり取りをする大切さを考えます。今ではダイレクトメールと呼ばれ、その名の通り直接伝言を伝えるという意味で主に、手紙や広告などといったものが対象になります。ダイレクトメールのメリット・デメリットはありますが電子メールではできないことがダイレクトメールにはできます。たとえば手書きのお手紙が例に挙げられ、文字の形や色の濃さなど手書き本来ならではのいいところが感じられます。デメリットは情報伝達の遅さで、電子メールと比べて極めて遅いです。つまり情報伝達速度を落とした代わりに送り主の気持ちやぬくもりが感じられるようです。今ではメールやNSNなどといった情報最先端を駆使して生活をしている中、手紙という存在が薄れてきているのは確かです。便利になって生活が豊かになったのは事実ですがその代償として失ったものもあるようです。

圧着2ツ折はがき1万部なら1通あたり54.4円! お電話でのお問合せは平日月曜日から金曜日までの9時~19時まで受付中です。 広告郵便が利用できる2,000部以上のDMを出される法人様に最適のDM印刷、発送代行サービスです。 ふちのり圧着(A4-4P)1万部で1通88.9円! DMパックならDM発送完了までお客様のダイレクトメール作成をバッチリサポートするので安心です! 速くて簡単、お得なダイレクトメール作成は「DMパック」